食欲不振の改善もローヤルゼリーで

「食べたい気持ちが湧かない…」 「食事が喉を通らない…」 薬では治りにくいこれらの症状は、一時的であれば大きな問題はありませんが、何日も続くと体調を悪化させる原因となります。
そこでおすすめしたいのが“ローヤルゼリー”です。
ここではなぜ食欲不振が起こり、なぜローヤルゼリーが効果的なのか、詳しくお伝えしていきます。

ローヤルゼリーが食欲不振に効く理由

アセチルコリンの働き

食欲は脳内の視床下部にある食欲中枢がコントロールしています。
ところがストレスや睡眠不足などで自律神経が乱れると、この食欲のコントロールもうまくいかなくなり、食欲の低下を引き起こしてしまうのです。
また自律神経の乱れによって胃腸の働きが弱まり食欲が低下することも…。
ローヤルゼリーにはこの食欲不振の原因である自律神経の乱れを整える“アセチルコリン”が含まれています。
自律神経の乱れが原因で起きる夏バテによる食欲不振にもローヤルゼリーは効果的です。

デセン酸の働き

病気予防
食欲の低下は心臓の病気や糖尿病などの病気から起こる場合もあります。
ローヤルゼリーの特有成分である“デセン酸”には、血糖値や血中コレステロールを下げる、血圧を安定させるなどの働きがあり、食欲不振を招く病気の予防・改善に効果的です。
更年期障害の緩和
食欲不振は、更年期障害の症状の一つでもあります。
体内で女性ホルモンと同じ働きをするデセン酸が更年期障害を和らげ、それによる食欲不振を改善します。

ローヤルゼリーで食欲不振を改善

ストレス、うつ、睡眠不足、更年期障害、生活習慣病など、食欲不振を招くトラブルの改善にローヤルゼリーの成分は非常に効果的です。
またローヤルゼリーには他にも豊富なアミノ酸、ビタミン・ミネラルなどが含まれますから、食欲がない時の栄養補給にも最適ですよ。
食欲がない日が続いている…という人は、生活習慣の改善とともに、ぜひローヤルゼリーを対策の一つに取り入れてみてくださいね。
また、ローヤルゼリーが飲める年齢についてもお役に立つので是非ご覧ください。