更年期障害の緩和をローヤルゼリーで

ほてりや発汗、冷え、頭痛、イライラ、抜け毛など…更年期障害ではさまざまなトラブルが見られます。
症状の程度は人によってそれぞれですが、中には日常生活に支障をきたすほどの重い症状が現れる場合も…。
そこでここでは、そんな更年期障害の症状を緩和するローヤルゼリーの効果について、詳しくお伝えしていきます!

ローヤルゼリーで更年期障害を緩和できる?

ローヤルゼリーには豊富な栄養が詰まっています。
その中でも特に更年期障害の緩和が期待できるのが“デセン酸”と“アセチルコリン”です。
この2つの成分にはどんな効能があるのか、更年期障害の原因に触れながら詳しくご説明していきますね。

デセン酸

デセン酸はローヤルゼリーにしか含まれない成分です。
このデセン酸含有量が高いほど品質の良いローヤルゼリーということになります。
デセン酸は体内に入ると、女性ホルモンである“エストロゲン”と似た働きをすることが分かっているのです。
卵巣の働きが弱り、エストロゲンが急激に低下することで起こりやすくなる更年期障害の緩和には最適な成分であると言えます。

アセチルコリン

アセチルコリンとは、主に脳内で働く神経伝達物質の一つです。
更年期障害の発汗や頭痛、イライラなどは、ホルモンバランスが乱れ、その影響で自律神経が乱れることで起こると言われています。
ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンは、この自律神経の働きを整える働きがあり、更年期障害の症状を和らげることが分かっています。
この他にもローヤルゼリーに豊富に含まれるビタミン・ミネラルがホルモンの生成を助け、バランスを整えやすくします。

ローヤルゼリーで更年期障害を和らげる対策を

更年期とは女性の閉経前後のことを指します。
日本人女性の閉経の平均は50歳と言われていますから、その前後に症状も起きやすいようです。
生理不順や不正出血などの症状の他にも、 倦怠感、うつ、火照り、頻尿など、更年期障害と分かりにくい症状も考えられます。
気づいていないだけで、今お悩みの症状は更年期によるホルモンバランスの乱れが原因かも…? 気になるトラブルがある人は、ぜひローヤルゼリーを対策に取り入れてみましょう。