骨粗しょう症の予防にもローヤルゼリー

年齢と共に高くなる骨粗しょう症のリスク。
できれば、症状が出る前に予防しておきたいですよね。
そこでおすすめしたいのが“ローヤルゼリー”です!
ローヤルゼリーには骨粗しょう症を予防・改善する優れた成分が含まれているんですよ。
どんな成分が含まれ、どのように骨に作用するのか、詳しくご説明していきます。

骨粗しょう症に効く!?ローヤルゼリーの効果

デセン酸の働き

骨の密度が低下しスカスカになってしまう原因の一つに、“エストロゲンの低下”が挙げられます。
エストロゲンは女性ホルモンの一種です。
高齢の女性に骨粗しょう症が多く見られるのは、このエストロゲンが加齢により減ってしまうためであると言われています。
そこで効果を発揮するのがローヤルゼリーに含まれる“デセン酸”です。
デセン酸は体の中でエストロゲンと似た働きをすることが分かっており、 骨の代謝をアップさせて形成を促す効果が期待できます。

アセチルコリンの働き

骨は更年期障害の影響も大きく受けます。
ローヤルゼリーにはこの更年期障害を緩和する効果もあるんですよ。
アセチルコリンという神経伝達物質がホルモンバランスを整え、更年期障害を和らげて骨の劣化を防ぎます。

カルシウム

ローヤルゼリーには骨を強くするカルシウムも含まれます。
またそれを助けるビタミンB群や葉酸も含まれており、骨粗しょう症の改善に役立ちます。

骨粗しょう症の原因である病気も予防!

骨粗しょう症は、特定の病気によって発症するケースもあります。
例えば、糖尿病や動脈硬化はそれに当たります。
直接骨に関係ないようにも思いますが、実はそんなことないのです。
骨の形成に必要なホルモンの減少や、骨密度を低下させてしまう原因になります。
ローヤルゼリーには血糖値を下げる効果や血圧を安定させる効果もあり、 これらが上記のような病気を予防することから、骨粗しょう症発症のリスクを抑えることができるのです。

骨粗しょう症にならないために

骨粗しょう症を事前に防ぐための基本は、
  • バランスよく栄養を摂取すること
  • そのうえでカルシウムやそれを助ける栄養素をとること
この2つです。
ローヤルゼリーにはホルモンに作用するデセン酸やアセチルコリン、その他にも豊富な栄養素が含まれますから、骨粗しょう症の予防には最適な食品と言えます。
普段の食事が偏りがちな人は、ローヤルゼリーの摂取を習慣にしてみましょう!