ローヤルゼリーで朝の目覚めを快適に

「最近目覚めが悪い」
「寝ても疲れが取れない…」
そんな症状ありませんか?
それには睡眠の質が大きく関係しています。
何らかの原因で、深い眠りが妨げられてしまっているのです。
そこでおすすめしたいのが“ローヤルゼリー”。
豊富な栄養素が眠りの質を高めてくれるんですよ。
どんな栄養素が睡眠に作用するのか、具体的に見ていきましょう。

ローヤルゼリーの睡眠効果

自律神経を整える

私たちの睡眠には“自律神経”の働きが深く関わってきます。
自律神経とは“交感神経”と“副交感神経”のこと。
交感神経は活発に動く日中の間優位になり、副交感神経は体を休める夜に優位になります。
このバランスが崩れると、昼間の意欲や行動力がが低下したり、夜になっても体や脳が休まらずに寝つけない(眠りが浅い)などの症状が見られるようになります。
この自律神経の乱れを整えるのが、ローヤルゼリーに含まれる“アセチルコリン”です。
アセチルコリンは脳では働く神経伝達物質の一つで、神経に作用してバランスを整え、夜深い眠りにつきやすくしてくれます。

セロトニンを増やす

睡眠の質を上げるためには、“メラトニン”という眠りを誘うホルモンがしっかり分泌させることも重要です。
このメラトニンを分泌させるために必要なのが“セロトニン”の分泌です。
セロトニンは“幸せホルモン”とも呼ばれ、心身のバランスを整えると共に、メラトニンの材料にもなります。
つまりセロトニンが少ないとメラトニンもうまく作られず、眠りの質も低下するということです。
ローヤルゼリーにはこのセロトニンの材料となる栄養素が全て含まれています。
セロトニンの元となるトリプトファン(アミノ酸)、それを脳に届きやすくするためのビタミンB6や炭水化物。
ローヤルゼリー単体でも十分なセロトニン分泌効果が期待できるのです。

ローヤルゼリーですっきり快適な目覚めを!

睡眠の質の低下は翌日の生活にも支障をきたします。
ローヤルゼリーで自立神経の働きとセロトニンの分泌を高め、すっきりとした快適な目覚めを手に入れましょう!